長野市で防水工事を行う前に!豊富な実績が育んだ防水機能と用途別工法

みなさんこんにちは
長野防水工事の相談室です。

本日は、防水工事の際に膨れの問題を解決するフローンHNT工法についてご紹介します。

拡がる可能性、脱気工法。フローンHNT工法

メカニズム/Mechanism

複合塗膜防水工法ーフローンHNT工法は、塗膜防水の「ふくれ」の問題を防水性能を強化しつつ解決しました。
「ふくれ」の原因となる下地から放出される水蒸気をフローンエクストラシートSが吸収し、脱気筒から防水層の外へ逃がします。雨水は、強力な防水塗材がシャットアウトし完全防水を実現します。

国土交通省X-1適合 JASS 8 L-US適合
TW-4.4XHZ-J工法(軽歩行用)

①エクストラボンドS
②エクストラシートS
③ジョイントテープ
④脱気筒ステンレス(25~50㎡に1基)
⑤フローン#11
⑥フローン#11
⑦スーパートップ遮熱

国土交通省X-1適合 JASS 8 L-US適合
LW-4.4XHZ-J工法(軽歩行用)

①エクストラボンドS
②エクストラシートS
③ジョイントテープ
④脱気筒ステンレス(25~50㎡に1基)
⑤フローン#12
⑥フローン#12
⑦スーパートップ遮熱

製品/Product

環境対応型2液カラーウレタン塗膜防水材
エコフローン
環境対応型2液カラーウレタン塗膜防水材
フローン#12エコ

エコフローンとフローン#12エコのシステムは日本ウレタン建材工業会(NUK)の「環境対応型ウレタン防水システム」を認定取得しています。

2液カラーウレタン塗膜防水材
フローン#11
2液カラーウレタン塗膜防水材
フローン#12
環境配慮型ポリマーセメント系塗膜防水材
フローン無機防水α
環境対応型2液水性ハルスハイブリッド型上塗材
エコトップ遮熱
超耐候性2液ハルスハイブリッド型上塗材
スーパートップ遮熱
2液アクリルウレタン上塗材
弾性トップ14

副資材/Materials

脱気筒ステンレス
水蒸気を防水層から外へ逃がす耐候性抜群の優れもの

■寸法表(単位:mm)


①エクストラシートS
通気緩衝用シート/1.4mm厚 1m×25m
②ジョイントテープ
エクストラシートS接合用テープ/5cm×100m
③ガラスクロス
ウレタン防水工事用 補強クロス/1m×100m
④目地用クロス
ウレタン防水工事用 補強クロス/10cm×100m
⑤脱気筒ステンレス(2個入り)
付属品(1個につき):プラグレスアンカー(径4mm×32mm)/4本
補強クロス/1枚
●エクストラボンドS
ウレタン系接着剤 16kg/缶
●フローンエコボンド
環境対応型接着剤 18kg/缶
●フローンシーリング グレー/ホワイト
ウレタンシーリング材 320ml/カートリッジ 10本入り/ケース

標準工法/Standard industrial method

■フローンHNTエコシステム 日本ウレタン建材工業会(NUK)認定番号 NUK-06014

国土交通省 X-1適合
JASS 8 L-US 平場仕様適合
AEW-4.4XET-J工法 軽歩行用

工程 材料名 使用量
kg/㎡
上塗可能時間
(23℃)
備考
1 フローンエコプラ速乾 0.2 3~48 A液:B液=1:2(重量比)の割合で計量、混合し、
電動撹拌機で充分に撹拌後、中毛ローラー、ハケにて塗布。
2 フローンエコボンド 0.3~0.5 0.5~1 原液のまま、砂骨材ローラーで均一に塗布。
3 エクストラシートS フローンエコボンドの上塗り可能時間放置後、
下地に接着させ、充分に転圧する。
4 ジョイントテープ ジョイント部はジョイントテープにて処理、
端末部はガラスクロスにて補強する。
5 脱気筒 ステンレス 25~50㎡に1ヶの割合で取付け。取り合い部は
フローンシーリングにて補強クロスを貼り付ける。
6 エコフローン 1.5 24~48 主剤(A液):硬化剤(B液)=1:2(重量比)の割合で計量、
混合、電動撹拌機にて充分に撹拌後、コテにて塗布。
7 エコフローン 1.5 24~48 主剤(A液):硬化剤(B液)=1:2(重量比)の割合で計量、
混合、電動撹拌機にて充分に撹拌後、コテにて塗布。
8 エコトップ遮熱 0.15 4~48 A液:B液=1:7(重量比)の割合で計量、
水道水にて5~15%希釈、混合、撹拌後、
中毛ローラー、ハケにて塗布。
9 エコトップ遮熱 0.15 A液:B液=1:7(重量比)の割合で計量、
水道水にて5~15%希釈、混合、撹拌後、
中毛ローラー、ハケにて塗布。

■フローンHNTエコ12システム 日本ウレタン建材工業会(NUK)認定番号 NUK-06015

国土交通省 X-1適合
JASS 8 L-US 平場仕様適合
LEW-4.4XET-J工法 軽歩行用

工程 材料名 使用量
kg/㎡
上塗可能時間
(23℃)
備考
1 フローンエコプラ速乾 0.2 3~48 A液:B液=1:2(重量比)の割合で計量、混合し、
電動撹拌機で充分に撹拌後、中毛ローラー、ハケにて塗布。
2 フローンエコボンド 0.3~0.5 0.5~1 原液のまま、砂骨材ローラーで均一に塗布。
3 エクストラシートS フローンエコボンドの上塗り可能時間放置後、
下地に接着させ、充分に転圧する。
4 ジョイントテープ ジョイント部はジョイントテープにて処理、
端末部はガラスクロスにて補強する。
5 脱気筒 ステンレス 25~50㎡に1ヶの割合で取付け。取り合い部は
フローンシーリングにて補強クロスを貼り付ける。
6 フローン#12エコ 1.9 24~48 主剤(A液):硬化剤(B液)=1:2(重量比)の割合で計量、
混合、電動撹拌機にて充分に撹拌後、コテにて塗布。
7 フローン#12エコ 2.0 24~48 主剤(A液):硬化剤(B液)=1:2(重量比)の割合で計量、
混合、電動撹拌機にて充分に撹拌後、コテにて塗布。
8 エコトップ遮熱 0.15 4~48 A液:B液=1:7(重量比)の割合で計量、
水道水にて5~15%希釈、混合、撹拌後、
中毛ローラー、ハケにて塗布。
9 エコトップ遮熱 0.15 A液:B液=1:7(重量比)の割合で計量、
水道水にて5~15%希釈、混合、撹拌後、
中毛ローラー、ハケにて塗布。

国土交通省 X-1適合
JASS 8 L-US適合
TW-4.4XHZ-J工法 軽歩行用

※トップコートは、スーパートップ遮熱にかえて弾性トップ14でも使用可能です。

※下地の吸込みが激しい場合、エクストラシートSの貼り付けが不充分になることがあります。
その場合、フローンプライマーHを塗布後、エクストラボンドSを施工して下さい。
工程 材料名 使用量
kg/㎡
上塗可能時間
(23℃)
備考
1 エクストラボンドS 0.3~0.5 0.5~1 トップ14シンナーにて10~20%希釈後、
中毛ローラーにて塗布。
2 エクストラシートS エクストラボンドSの上塗り可能時間放置後、
下地に接着させ、充分に転圧する。
3 ジョイントテープ ジョイント部はジョイントテープにて処理、
端末部はガラスクロスにて補強する。
4 脱気筒 ステンレス 25~50㎡に1ヶの割合で取付け。取り合い部は
フローンシーリングにて補強クロスを貼り付ける。
5 フローン#11 1.9 24~48 A液:B液=1:1(重量比)の割合で計量、混合、
電動撹拌機にて充分に撹拌後、コテにて塗布。
6 フローン#11 2.0 24~48 A液:B液=1:1(重量比)の割合で計量、混合、
電動撹拌機にて充分に撹拌後、コテにて塗布。
7 スーパートップ遮熱
トップ14シンナー
0.2
0.02~0.04
A液:B液=1:2(重量比)の割合で計量、
トップ14シンナーにて0~20%希釈、混合、撹拌後、
中毛ローラー、ハケにて塗布。
国土交通省 X-1適合
JASS 8 L-US適合
LW-4.4XHZ-J工法 軽歩行用

※下地の吸込みが激しい場合、エクストラシートSの貼り付けが不充分になることがあります。
その場合、フローンプライマーHを再塗布し、吸い込み止めをしてから、エクストラボンドSを施工して下さい。
工程 材料名 使用量
kg/㎡
上塗可能時間
(23℃)
備考
1 エクストラボンドS 0.3~0.5 0.5~1 トップ14シンナーにて10~20%希釈後、
中毛ローラーにて塗布。
2 エクストラシートS エクストラボンドSの上塗り可能時間放置後、
下地に接着させ、充分に転圧する。
3 ジョイントテープ ジョイント部はジョイントテープにて処理、
端末部はガラスクロスにて補強する。
4 脱気筒 ステンレス 25~50㎡に1ヶの割合で取付け。取り合い部は
フローンシーリングにて補強クロスを貼り付ける。
5 フローン#12 1.9 24~48 A液:B液=1:1(重量比)の割合で計量、混合、
電動撹拌機にて充分に撹拌後、コテにて塗布。
6 フローン#12 2.0 24~48 A液:B液=1:1(重量比)の割合で計量、混合、
電動撹拌機にて充分に撹拌後、コテにて塗布。
7 スーパートップ遮熱
トップ14シンナー
0.2
0.02~0.04
A液:B液=1:2(重量比)の割合で計量、
トップ14シンナーにて0~20%希釈、混合、撹拌後、
中毛ローラー、ハケにて塗布。

スーパートップ遮熱 標準希釈率(23℃)
※トップ14シンナーで下記の希釈でご使用下さい。 (ローラー施工時)
防水面
常備色 0~15%
白および淡彩色 10~20%
中彩色 5~15%
濃彩色 0~10%
国土交通省 X-1適合
JASS 8 L-US適合
TWF-4.4XHZ-J工法 軽歩行用

※事前に下地調整を必ず行って下さい。コンクリート・モルタルのエフロレッセンス(白華)、レイタンス、砂、ゴミ、ホコリは完全に除去して下さい。旧塗膜がある場合は、ご相談下さい。
※1 下地の吸込みが激しい場合、プライマーHを再度塗布して下さい。
※2 フローンフィラーコテ用でも施工可能です。(0.6~2kg/㎡)
工程 材料名 使用量
kg/㎡
上塗可能時間
(23℃)
備考
1 フローンプライマーH 0.15
※1
2~24 A液:B液=1:1(重量比)の割合で計量、混合、
電動撹拌機で充分に撹拌後、中毛ローラー、
ハケにて塗布。
2 フローンフィラー
ローラー用※2
0.4~0.6 12~24 主剤:硬化剤:パウダー=4:1:7.5(重量比)の割合で計量、
混合し、電動撹拌機で撹拌後、中毛ローラーにて塗布。
3 エクストラボンドS 0.3~0.5 0.5~1 トップ14シンナーにて10~20%希釈後、
中毛ローラーにて塗布、30分程度放置後、次工程へ。
4 エクストラシートS 下地に接着後、十分に転圧する。
5 ジョイントテープ ジョイント部はフローンジョイントテープにて処理し、
端末部はガラスクロスにて補強。
6 脱気筒 ステンレス 脱気筒ステンレスの施工方法を参照
7 フローン#11 1.9 24~48 A液:B液=1:1(重量比)の割合で計量、混合し、
電動撹拌機にて充分に撹拌後、コテにて塗布。
8 フローン#11 2.0 24~48 A液:B液=1:1(重量比)の割合で計量、混合、
電動撹拌機にて充分に撹拌後、コテにて塗布。
9 スーパートップ遮熱
トップ14シンナー
0.2
0.02~0.04
A液:B液=1:2(重量比)の割合で計量、
トップ14シンナーにて0~20%希釈、混合、
電動撹拌機で撹拌後、中毛ローラー、ハケにて塗布。
国土交通省 X-1適合
JASS 8 L-US適合
LWαー4.4XHZ-J工法 軽歩行用

※事前に下地調整を必ず行って下さい。コンクリート・モルタルのエフロレッセンス(白華)、レイタンス、砂、ゴミ、ホコリは完全に除去して下さい。旧塗膜がある場合は、ご相談下さい。
※3 下地の吸込みが激しい場合、カチオン浸透エポプライマーを再度塗布後、フローン無機防水αを施工して下さい。
※カチオン浸透エポプライマーに使用したローラー、ハケ等は他の塗料と共用しないで下さい。
工程 材料名 使用量
kg/㎡
上塗可能時間
(23℃)
備考
1 カチオン浸透
エポプライマー
0.2
※3
2~6 原液のまま、中毛ローラー、ハケにて塗布。
2 フローン無機防水α 0.7 24~48 主剤:パウダー=9:7(重量比)の割合で計量、混合、
電動撹拌機(低速三枚羽)でダマがなくなるまで、
5分程度充分に撹拌、水道水で0~3%希釈し、
中毛ローラーにて塗布。
3 エクストラボンドS 0.3~0.5 0.5~1 トップ14シンナーにて10~20%希釈後、
中毛ローラーにて塗布。
4 エクストラシートS エクストラボンドSの上塗り可能時間放置後、
下地に接着させ、充分に転圧する。
5 ジョイントテープ ジョイント部はジョイントテープにて処理、
端末部はガラスクロスにて補強する。
6 脱気筒 ステンレス 25~50㎡に1ヶの割合で取付け。取り合い部は
フローンシーリングにて補強クロスを貼り付ける。
7 フローン#12 1.9 24~48 A液:B液=1:2(重量比)の割合で計量、混合、
電動撹拌機にて充分に撹拌後、コテにて塗布。
8 フローン#12 2.0 24~48 A液:B液=1:2(重量比)の割合で計量、混合、
電動撹拌機にて充分に撹拌後、コテにて塗布。
9 スーパートップ遮熱
トップ14シンナー
0.2
0.02~0.04
A液:B液=1:2(重量比)の割合で計量、
トップ14シンナーにて0~20%希釈、混合、
撹拌後、中毛ローラー、ハケにて塗布。

目地処理方法

工程1 既存目地の全撤去

既存の目地材、発泡体は全撤去して下さい。大きい段差がある場合は、サンダーで削るか、ポリマーセメントで平滑にして下さい。

工程2 目地の調整、清掃

目地は、充分乾燥し、雨、雪、降霜等の天気や結露のおそれがある場合は、施工しないで下さい。目地の異物、よごれは、接着不良の原因となりますので、異物は、取り除きます。油分がある場合は、シンナーで取り除いたあと、充分溶剤をとばして下さい。

工程3 バックアップ材の挿入

バックアップ材は、目地深さを調整し、三面接着を避けるために使用します。バックアップ材の材質は、ポリエチレンの独立発泡体で丸棒もしくは角棒状です。また、目地幅に対して丸棒では、20~30%程度広いもの、角棒では、やや大きめのものをねじれないように挿入します。

工程4 プライマー塗布

被着体にあわせて選定したプライマーを刷毛で塗り、塗り残しやむらのないように均一に塗布します。

工程5 フローンシーリングの充填準備

目地の大きさに合わせてノズルを斜めにナイフで切り、ノズル奥の防湿膜を針金等で破ってからコーキングガンに装填します。

工程6 フローンシーリングの充填

フローンシーリングは、目地底部まで行きとどくように、また、気泡が入らないように加圧しながら一定速度で充填します。
特に目地両端部や交差部には、気泡が入りやすいので注意して充填して下さい。

工程7 補強クロス貼り

フローンシーリング充填後、目地用クロスを貼りつけます。浮き、シワができないように注意して貼りつけて下さい。目地用クロス端末の重ねしろは5cm以上とし、2重貼りします。

工程8 押え仕上げ

目地用クロス貼りつけ直後、ゴムベラ等を用いて網の目が隠れる程度までフローンシーリングを塗り広げ、表面を平滑に仕上げます。

工程9 養生

押え仕上げ終了後、完全硬化するまでは触れないように養生します。
※目地交差部に脱気筒を取り付ける箇所には脱気穴(Φ50mm)を開けて下さい。

エクストラシートSの施工例

工程1 エクストラボンドS塗布(外側)

立ち上がり面から1.2mの部分に墨出し用具で線を引く。前もって施工面積分のエクストラシートSを裁断しておく。①②③の順にエクストラボンドSをトップ14シンナーにて10~20%希釈後、中毛ローラーにて0.3~0.5kg/㎡を塗布する。

工程2 エクストラシートS貼り付け(外側)

エクストラボンドSを塗布後、密着力の向上のため30分程度乾燥する。(気温23℃、湿度50%で約30分)乾燥後、エクストラシートSを立ち上がり面から2~3cm離して①②③の順にコの字に、浮き、シワがよらないように転圧しながら貼り付ける。(ケバ立っている方がコンクリート・モルタルへの接着面となります。)

工程3 エクストラボンドS塗布(内側)

残りの内側部分(エクストラシートSの貼ってない部分)にエクストラボンドSをトップ14シンナーにて10~20%希釈後、中毛ローラーにて0.3~0.5kg/㎡を塗布する。30分程度乾燥後、工程4へ進む。

工程4 エクストラシートS貼り付け(内側)

エクストラボンドSを乾燥後、エクストラシートSの両側を引っ張りながら①から順に、浮き、シワがよらないように転圧しながら全面に貼り付ける。重なる部分はカッター等で切り取る。
(シートとシートの間が重なったり、隙間のないようにする)

工程5 ジョイントテープ貼り付け

エクストラシートSのジョイント部は、ジョイントテープを貼り付ける。貼り付け後は充分に圧着する。シート端末部は、ガラスクロスで補強する。(下図参照)

■納り図

脱気筒ステンレスの施工例

※コンクリートドリルのビットはΦ3.4mmを使用

工程1

目地処理を施した後、下地に通気・緩衝シートを施工し、カッター等を用いて目地の交差部に脱気穴(Φ50mm)を開ける。
次に通気・緩衝シートの上から下地に脱気筒固定用のプラグレスアンカー下穴(Φ3.4mm)をドリル等で開ける。

工程2

下穴に合わせて脱気筒本体を置き、プラグレスアンカーで固定する。次に脱気筒本体皿部全体にフローンシーリングを塗布する。

工程3

工程2の直後に補強クロスを貼り、フローンシーリングをゴムベラなどを用いて端末部の段差をなくし補強する。

工程4

フローン防水剤をコテ又はゴムベラで塗布する。
フローン防水材が硬化後、刷毛、ローラーを用いてトップコートを塗布する。

工程5

脱気筒と接合する防水層端末部分をフローンシーリングにて処理し、ステンレスワッシャー、外筒、上蓋の順にかぶせて取り付ける。

工程6

外筒が廻らないように固定しながら、上蓋だけを締める。