長野市で塩ビシート防水を行う前に!直接塗れる『フローンESトップ』とは?

みなさんこんにちは
長野防水工事の相談室です。

本日は、塩ビシートに直接塗れる商品をご案内します。

フローンESトップ ~1液水性特殊コアシェル型塩ビシート防水面用トップコート~

塩ビシート防水に直接塗って防水層を保護・美装します。

特長

塩ビシート防水に塗布する事でシートの劣化を抑制します。(新設面・改修面)

塩ビシート防水の可塑剤の移行(ブリード)を防ぐので、新設も塗替えもOK。

カーボン浸漬試験(耐汚染性)

簡単!工期短縮!

プライマー不要で直接塗れます。(※下地処理はカタログ内の洗浄方法を必ずご参照下さい)

耐汚染性に優れています。

従来の2液アクリルウレタンや1液水性アクリルのトップコートに比べ耐汚染性に優れています。

環境に優しい。

水性・鉛フリーの環境に優しい塗料です。

用途

屋上・軽歩行・非歩行用塩ビシート防水面の保護・美装・塗替え

荷姿

品名 容量 標準使用量 塗装面積
フローンESトップ 15kg 0.1~0.15kg/㎡
×2回塗り
50~75㎡
3kg 10~15㎡

色相

グレー(N7相当)
指定色

塩ビシート防水の劣化防止に最適

せっかくきれいに改修しても・・・

1⃣太陽光からの熱などで塩ビに含まれる可塑剤が移行する

2⃣太陽光の紫外線によって塩ビシート防水が劣化する

3⃣塩ビシート防水が硬く脆くなり、躯体(建物)の動きに追従できず亀裂・剥離が生じる

フローンESトップが美しく塩ビシート防水を守ります!

性状・物性

試験項目 フローンESトップ 試験条件
外観 着色粘稠液
粘度 8,000mPa・S B型粘度計 23℃
鏡面光沢度 65 JIS K 5600 入射角60度
引っかき硬度 F JIS K 5600 鉛筆法
密着性 100/100 JIS K 5600 クロスカット法(塩ビシート防水面)
表面ベタつき ベタつき発生無し 80℃7日経過後 指触(塩ビシート防水面)
冷熱サイクル 亀裂発生無し -20℃~50℃ 各3時間 10サイクル(塩ビシート防水面)
耐候性 光沢保持率90% キセノンウェザーメーター 1200時間
耐汚染性 グレースケール(4-5相当) 粉状カーボン試験
伸び率 300% ストログラフR型 23℃
耐水性 異常無し 水道水 7日間浸漬
耐酸性 異常無し 3%硫酸溶液 7日間浸漬
耐アルカリ性 異常無し 飽和水酸化カルシウム 7日間浸漬

乾燥性

10℃ 20℃ 30℃
上塗可能時間 7時間 3時間 2時間

フローンESトップ塗布のための洗浄方法

※⑤赤パット使用でのポリッシャー洗浄やメラミン系スポンジ、アルコール系洗浄剤で汚れを除去して下さい。
①汚れた
塩ビシート防水面
②乾いたぞうきんで
ふき掃除のみ
③高圧洗浄 ④布モップで擦り洗い
+高圧洗浄
⑤赤パット使用での
ポリッシャー洗浄で
汚れ部分を擦り洗い
+高圧洗浄
密着結果[×]

※剥離の可能性

密着結果[×]

※剥離の可能性

密着結果[△]

※剥離の可能性

密着結果[○]

※密着良好

密着結果[◎]

※密着良好

標準施工仕様

工法名 使用量
(kg/㎡)
上塗可能時間
(23℃)
備考
1 素地調整
(塩ビシート防水面)
汚れ、ふくれ等不具合がある場合は、補修を行って下さい。
※上記洗浄方法⑤参照。
2 フローンプESトップ 0.1~0.15 3~72時間 水道水にて0~5%希釈し、ハケ・中毛ローラーにて塗布して下さい。
3 フローンプESトップ 0.1~0.15 水道水にて0~5%希釈し、ハケ・中毛ローラーにて塗布して下さい。